【ソフトテニス】チャンスボールはトップ打ちだけでは無い

モブ。ログ。

画像はイメージ像です。

ラリーの撃ち合いに勝った時、相手がバランスを崩して返した時、相手がギリギリでフォローした時、様々な時に、チャンスボールが上がってきたりします。

トップ打ちだけを打つのが、チャンスボールの打ち方ではありません。

選択肢が多いボールがチャンスボール

トップ打ちが出来るからといって、それだけを打てば良いわけではありません。

相手は、トップ打ちに備えて構えていたなら、トップ打ちを打ってもあまり効果的ではありません。

むしろ、トップ打ちしかなければ、それは打たされていることになりかねません。

チャンスボールは、トップ打ちのような速いボールも打てれば、高い打点でショートボールを打ったり、中ロブを打ったりと、打てる選択肢が多いボールがチャンスボールです。

トップ打ちだけでなく、色んなボールで攻めることで、相手は守る範囲も広くなることで、こちら側はリスクを減らして攻めれるようになります。

トップ打ちが打てるからチャンスボール、ではない

相手がロブを打ってくるのが分かり、すぐに準備が出来て、トップ打ちを打ち込もうとしても、それが必ずしもチャンスボールではありません。

そのボールの深さにもよります。

どんなスピードボールを打っても、コートの後ろの方から打ち込んでも、ボールは失速しますし、前衛も怖くありませんし、打てるコースも少なくりますので、前衛は怖くないどころか、ポーチに出やすいボールになります。

距離を考えないと、トップ打ちを打てるからチャンスボール、ということにはならないのです。

チャンスボールは高い所で

チャンスボールだと思えば、ボールが高い所で打たなければ、チャンスボールにはなりません。

ボールを落とせば落とすほど、打てるボールは少なくりますし、相手に考える時間を与えてしまいます。

落とせば落とすほど、逆に難しいボールになってしまいます。

チャンスボールだと思ったなら、打つボールの決断の瞬発力が大事です。

それが、決定力にも繋がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました